pc復旧の依頼はスペシャリストに依頼する|パパっとトラブル解決法

サラリーマン

データを救う方法

パソコン

誤ってpcのデータを消してしまったり、何らかの障害でデータの読み出しが不可能となった場合に、そのデータを救い出しくれるプロが居るのがデータ復旧会社です。 これらの会社を利用してデータを救出してもらうには、何よりも早期に問題の起きたpcからデータを格納しているハードディスクといったストレージデバイスを取り外し、それを業者に連絡して送ることです。また急ぎでデータを修復して欲しい場合は、直接会社に持ち込むという手段もあります。 持ち込まれたストレージデバイスは、専門のスタッフが検査を行って障害の種類や程度、その原因などを特定する作業を行います。この検査が終わって障害状況が詳しく分かった後に、料金の見積もりも分かります。見積もりに納得した場合は、契約書を交わして復旧作業へと入ります。

全国に多数あるpcなどの端末に使用するストレージのデータ復旧サービスですが、このサービスを提供する業者はそれぞれ得意とする障害の修復があります。例えばあるデータ復旧会社は物理障害に対しても修復が行えるだけのラボを備えており、水損や焼損などの重度の障害でも高い復旧率を誇ります。 業者ごとに得意な障害があるため、それを見越して自分である程度障害を特定して、障害に応じて業者に依頼することで料金面や復旧率、納品の早さなどで得をすることができます。 もしpcのパーティション破損による論理障害ならば、論理障害の復旧に強く、料金も安いところに依頼するのが賢い方策です。またNASの障害の場合、やはりNASに強い業者もあるので、そういった業者に相談するのが最適な選択です。