pc復旧の依頼はスペシャリストに依頼する|パパっとトラブル解決法

サラリーマン

程度で料金が変化

パソコン

ハードディスクやUSBメモリ、ソリッドステートドライブなどのpcに使われている補助記憶装置の障害時に、データが読み出せなくなる事があります。このデータを救出してくれるプロフェッショナルがデータ復旧会社であり、その料金は障害の程度で大きく変わります。 一例を挙げると論理障害と呼ばれるpcのOSやその他ソフトウェア、BIOSの異常などが原因による障害の場合は、データを復旧させるには1万円から5万円程度の料金がよく見られます。物理障害と呼ばれる焼損や水損、破壊などによる障害の場合は工程が多くなるため料金も高くなり、3万円から10万円以上の料金となります。 pcの補助記憶装置のデータを復旧させる場合、このように障害の程度が大きく料金に影響する他に、復旧をさせるデータ容量も料金に反映されます。

かつてはpcの故障などによって補助記憶装置のデータが読めなくなった場合、その復旧を業者に依頼をするのはほとんどが法人や大学といった教育機関、政府の機関などでした。その理由は料金が非常に高く、個人ではその利用価値を見出すのが難しかったためです。 しかし現在では多数のデータ復旧業者が全国に展開しており、価格競争もあって料金もかなり安くなっており、それに伴って個人での利用がトレンドの1つとなっています。趣味で撮りためた写真や家族とのメールなどが含まれたpcが故障して、データが読めなくなった場合など、大切なデータを救出するために個人利用をする人が多く見られます。 現在のデータ復旧業者はハードディスクはもちろん、USBメモリやDVD、NASなどのデータ救出も対応しており、pcはもちろんタブレットやスマートフォンなどのデータ復旧も同様にトレンドとなっています。